色々アルサ♪ソレが人生

Candy*DIARY(バツ2編  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

リップクリーム

小学校6年の末っ子は いままで育てた子供達よりも たしかに甘やかして育ててしまった。
・・・・と 思う。

三人の子育てにちょっと一息ついた頃・・授かった宝物に 『愛しい』という気持ちで一杯だった。

幼児の頃の男の子は 変身ポーズがダイスキで 真剣に
\(\o-) ヘーン (-o/)ゝ シン!!! 
などする姿が とっても愛らしくて 愛らしくて。

10歳 8歳 6歳年上の 兄や姉がいたため ちっちゃなころから同年代の男の子よりも 大人びた仕草をして見せた。
これがまた 可愛かった。

こんな調子で 何をしても 
「かわいい かわいい」
ちょっと 失敗しても 
「たいしたことない よくあること♪」
なんて 大目にみたりして。 

上の子供達の育児には 余裕が無くて 見過ごしていた事を 末っ子の成長はしっかりみつめて過ごしていたいって 思っていた。
いつまでも 大きくならないで 私のベビーちゃんでいてね♪
みたいなノリだった。

(そうはいっても 1歳10ヶ月で保育園に入園させてしまったのだから 育児の半分は 先生まかせともいえるけど・・。だから なおさら 自宅での時間は もう めろめろw)



その 末っ子君
さすがに思春期 いろいろと 思春期独自の態度が目立ってきた。

別に乱暴をするわけでも めちゃくちゃ反抗をするというのではなく 私の小言を 聞き流す 横柄な態度。

「ハイハイ(-o - )ヘ_/ 後でやる わかった わかった」
みたいな 態度。

ちょっとそれも気になってはいたが それも大人になるための一時的な事だな・・
上の子たちよりもちょっと 早目だけど しょうがないか。
なんて 思って過ごしていたが 今夜は とってもショックなことが・・。



部屋をヒーターで暖めているため 唇が乾燥していた。
ちょうどいいところに リップクリームを発見。

(* ̄◎ ̄*)ぬりぬり

すると 末っ子が

「なにやってんだよ!!!」

「(*゜◎゜)ンッ?」

末っ子のリップクリームを拝借したため 激怒。

・・・・・(´・◎・`)ションボリ

すると 私の味方をしてくれると思った 二男までも

「年頃なんだから そういうことやめとけ」


||||||||||||||(_ _。)・・・シュン||||||||||||||||





その後 言い過ぎたと思ったのか 末っ子が
「俺のほっぺさわってみて ざらざらしてない?」
などといいながら ほっぺを さわらせてきたりする。
でも ショックから 立ち直れず ・・(T-T) ウルウル

そんな 末っ子の やさしい気遣った態度にまた (T-T) ウルウル


しかし 涙をこらえ 声は低く 末っ子の言葉にこたえる私




寝る前に 念をおして
「リップ もう使わないでね」

「二度と使わない」と反抗的に答えてみた。ヾ(--;)ぉぃぉぃ



なんていうか・・
あんなに 可愛かった ベビーちゃんは もう ベビーちゃんじゃなくなってしまったのね
(当たり前だ


代わりといっちゃなんだけど 20歳になっても (いや 20歳になったから?)二男君は やさしい。
手が冷たいから 手を握ってみてと おねだりすれば だまって (しょうがなく)手を温めてくれる。
お前は いい奴だ。
小さい頃 怒ってばっかりで育てたのに やさしいいい子だわ。


( ̄ー ̄?).....??アレ??
そっか 愛情不足だったから いまになって 私にやさしいの?

「ばあさん!」って呼ぶ その呼び方も わたしをいたわってくれてるのかしら?

  ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 (あまりの さびしさに 人のやさしさが100倍に感じてしまっているらしい)




スポンサーサイト

別窓 | 子供 | コメント:0
∧top | under∨
<<娘カップル | 色々アルサ♪ソレが人生 | あいのり♪>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 色々アルサ♪ソレが人生 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。